読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

データベースを分類する2つの軸、4つのエリア

f:id:masawan-guitar:20160812225135p:plain

【1】重視する性能による分類軸

 ①ターンアラウンドタイム重視
  →クエリの応答速度を重視
 ②スループット重視
  →単位時間あたりのデータ処理量を重視

【2】性能拡張モデルによる分類軸

 ①「スケールアウト」によって性能拡張できるもの(「スケールアップ」でも性能拡張できる)
 ②「スケールアウト」によって性能拡張できないもの(「スケールアップ」でのみ性能拡張できる)

 ※「スケールアウト(水平スケール)」とは
  サーバーの数を増やすことで、サーバー群全体のパフォーマンスを向上させること。
 ※「スケールアップ(垂直スケール)」とは
  性能の高いマシンへと入れ替えたり、メモリやハードディスクを増設したり、
  CPUをより上位スペックに交換(スペックアップ)したりして、
  サーバーそのもののパフォーマンスを向上させること。


(参考文献)
 ①『RDB技術者のためのNoSQLガイド』秀和システム
www.shuwasystem.co.jp

広告を非表示にする