キャリアの変節点

GLOBIS知見録「キャリアの変節点をどう生きるか」
中野智哉 株式会社i-plug 代表取締役社長
松田公太 前参議院議員タリーズコーヒージャパン創業者
安永雄彦 株式会社島本パートナーズ 代表取締役社長
村尾佳子(モデレーター)グロービス経営大学院 経営研究科 副研究科長

www.youtube.com

広告を非表示にする

My Own Publicness

田中元子さんのプレゼンが面白かった。

都市や建築への関心を喚起させるため、mosaki共同設立者として、企画執筆をはじめとする様々な活動を展開している田中元子さん。2016年は「1階づくりは街づくり」をコンセプトにした新会社『グランドレベル』も設立されました。趣味で始めた「パーソナル屋台」のご紹介と、屋台に限らず誰にでも今すぐ始められる次世代型の趣味「マイパブリック」のお話を披露してくださいます。

www.pechakucha.org

広告を非表示にする

「U-25」起業家たちの目に映る世界

G1ベンチャー2017
2017年6月11日開催/グロービス経営大学院 東京校)

加藤 將倫 株式会社Progate 代表取締役
椎木 里佳 株式会社AMF 代表取締役
牧浦 土雅 Needs-One Co.,Ltd.Co-founder

モデレーター
内藤 裕紀 株式会社ドリコム 代表取締役社長

www.youtube.com

広告を非表示にする

ソフトウェアに関する技術書(英語)を日本語で読む方法を考える

ソフトウェアの技術書を探すと、わりと新しい技術についての書籍は【英語版】しか出版されていない場合もある。日本語訳の書籍はすぐには出版されないものだ。紙の書籍じゃなくて電子書籍(英語版PDFファイル)の方は、現時点では公開されていて無料でダウンロードできるものもけっこう多い。
※(注)将来的には無料でなくなる可能性もある。

電子書籍を無料でダウンロードできたとしても、英語をスラスラと読めないもので。英文解釈に時間をかけたくないけど、英語の技術書をざっと読んでみたいものだな。翻訳する方法はいろいろある。

(方法1)
Google翻訳を使用する(適量の英文を翻訳する)。
→技術書の文章の量が多くなればなるほど、翻訳にかける時間・操作も多くなる。

(方法2)
Google翻訳(ドキュメント翻訳)を使用する。
※ドキュメント翻訳:PDFなどのファイル翻訳を行える。
→ファイルサイズ制限は、1 MB が上限(らしい)。技術書は1MBを超えてしまうファイルも多い。
サイズ上限を超えると以下のエラーが起きるようだ。

(方法3)
PDFファイルを分割してGoogle翻訳(ドキュメント翻訳)を使用する。
→自身の端末にPDFファイルを編集するソフトがインストールされていない場合もある。

他にもたくさん方法はあると思うけど。それじゃあ、PDFファイルに記載されている英語の文章を全て「htmlファイル」に出力して『Google Chrome』で日本語に自動翻訳して読んでしまおう!ということで、PDFファイルの文章を全てhtmlファイルに出力する .NETC#)アプリケーションを作ってみた。

基本的にはハードルを低くしておくものだ。一般的にハードルの高い英語の技術書を恐れることは無い。電子書籍、万歳!。無料のPDFファイルの技術書(英語)を探す道をそのまま進めばいい。

以下はイメージ。
.NETアプリよりもGoogle Chrome推している感じになってしまったが、どんまい。
f:id:masawan-guitar:20170506223855p:plain

(例)日本語に翻訳してみた書籍『Elasticsearch: The Definitive Guide (英語)』
  (PDFファイルサイズ約6 MB、全709ページ)

出力されたhtmlファイル。たっぷり出力。
ひとまずは、PDFの1ページにつきhtmlファイル1つで(実験)。

Internet Explorerにて確認。英語が表示されている。

Internet Explorerの画面

次に、Google Chromeにて確認。日本語への自動翻訳はGoogle Chromeにお任せで。ページをまたいでいる文章のところは明らかに上手くいっていなかったけど、雰囲気で読める日本語。でも、出力処理に改善の余地はある。日本語に翻訳された文章を読んでみると、こんなこといっちゃアレだけど、流し読みして問題ない箇所もけっこう多いものだよね。

PC版(Windows版) Google Chromeの画面

追記 2017/5/15
PC版(Windows版)のGoogle Chromeでは
上の画像のとおり、日本語訳が繰り返し複数表示されてしまう現象が発生していた。
iPad版のGoogle Chromeでは、そのような現象は無く、正常に翻訳されている。
個人的にはたいして問題視するようなことではないのですが。
一応は、PC版Chromeの翻訳機能が改善されるのを待つ。

iPadGoogle Chromeの画面

広告を非表示にする

Ruby on Rails デバッグ環境を探す

Ruby on Rails
奇跡的に夜中2:30まで勉強する。明日、遅刻しないように。

以下、Ruby on Railsに限った話なのかもしれないですが。オープンソースプログラミング言語を扱う際、開発環境構築は大事ですよね。プログラム言語を学ぶとか、フレームワークを学ぶとか目的はあるにしても、最初に行う開発環境構築のハードルがちょっと高い気はしていて。親切な手順が売られていない。だからといって私が親切に手順を書くというわけでもない。Eclipse使えばいいじゃんっていう人も居るでしょうし、そんなの余裕っていう人も居るんでしょうけど。Eclipseって妙に設定が多くて、なんかやりにくいんですよ。個人的に。

オープンソースの言語を効率よく使用するために有償の統合開発環境へ投資してくれる現場であれば、別に心配ないんですが。RubyMineはよさげ。

とにかく、開発環境構築の手順でつまずいて、英語のエラーメッセージが表示されて動かなーい→あきらめる、学ぶのを辞めるという状況が世の中には多い気がしていて。なので、その開発環境構築をクリアしてしまえば、ひとまずはOK!っていう感じはしてる。1番最初にやることって「デバッグのためにステップ実行できる環境」を整えることだと思うんですよね。デバッグ環境があれば、プログラムは書きやすいはずで。で、せっかくOSSなので、お金をかけたくない。Aptana Studio、Eclipse もあるんだけど、以下の2つに絞った。環境構築の手順は、いつかまとめるとして。

Visual Studio Code
 ⇒なんだかんだいって、マイクロソフトの製品は、他より使いやすい。
  さすがは、グローバルぼったくり超一流企業なだけに、無償で提供されている製品も使いやすい。
  シンプルだね。

・pry-byebug
 ⇒これさえあれば大丈夫って感じだった。

【1】Visual Studio Code

Rubyのプログラムをデバッグ

Rails アプリケーションのデバッグHello World!、こんにちは!世界!ということで。

【2】pry-byebug

Rubyのプログラムをデバッグ

Rails アプリケーションのデバッグHello World!、こんにちは!世界!ということで。

広告を非表示にする